社会人のための音楽通信講座

音楽活動がしたい、そして自分の音楽力を高めたい、という方のために作られた、日本で唯一の文部科学省認定社会通信教育の音楽講座です。時代のニーズに合わせて内容を改善しながら、しかも音楽教育の基本を崩さないようにしっかりと守って開講以来63年以上にわたり実施されてきました。
 希望する時にいつでも、どこにいても受講できること、学歴や年齢に関係なく誰でも自分の計画のもとで学習できるのが大きな特徴となっています。

実施科目

(1) 音楽通論:音楽を基礎から学ぼうとする人が一番初めに学ぶための講座。特に、多くの音楽や譜面に触れることが、「音楽性」の向上へ繋がり、音楽通論を学ぶことで音楽の基礎を固めます。


(2)和声学:技術的問題として誰でも楽に出来る方法はないだろうかという視点で「パターン学習」を取り入れることにより、身近な感覚で学ぶことが出来ます。学ぶことにより、メロディと和声的に裏付された普遍的な音楽の総作を目指す等、和声の基礎を学習します。


(3)ソルフェージュ:音楽をする上で大切な最も基本的な力、つまり音楽を聞き分け、書き取り、読み取り、そして表現する(演奏する・歌う)力を総合的に学習します。身近にある楽器やキーボードなどの活用やそれらの記憶機能など、勉強の工夫をする事で、楽しく学習をする事が出来ます。


(4)作曲学:曲の作り方を覚えていく学習です。わかりやすい典型的な形や例を中心に取り上げ、思いついたメロディや自分の作った曲を録音したり、またメロディや伴奏だけを入れておいて、一人で聞き比べやアンサンブルをする事により、自分の作曲した曲の向上につなげます。




 1) 受講方法は申込書を受講料と共に現金書留にて事務局へ送付。事務局にて確認処理が終了次第教材を届くように手配をし、直ぐに勉強が出来ます。受講期間は6ヶ月間~12ヶ月とし、受講料は各コース23,760円。受講料には、教材・添削指導・修了証が含まれています。


 2) 課題提出回数はコースによって異なりますが、提出課題は7~10回。学習指導書にある答案用紙を切り取って順次本財団に送付。添削指導はベテラン講師が、添削・採点のうえ返送。(提出してから添削を受けて返信されるまで約2週間程度の時間が必要。)受講期間6ヶ月間にすべての課題提出を終了しますと、修了証を発行し、生涯学習インストラクターの資格制度の申請を受けることができます。(「生涯学習2級インストラクター 」(財)社会通信教育協会認定資格)


 3) 学習のフォローとして受講期間中の学習計画を相談することができます。また、質問事項等は受講開始時に送付した、質問カードに記入の上郵送、後日添削の先生より回答が返送され、学習に役立てます。

パンフレット請求・申し込み

事業概要