日本ジュニア管打楽器コンクール

 管打楽器を愛好する小・中学生及び高校生の方々の豊かな音楽性、更なる技術の向上はもとより、演奏・発表の場として開催するものであり、我が国の音楽界の啓発と普及に貢献することを目的とします。




(1)このコンクールは毎年、各管打楽器の種類に属するすべての楽器部門を開催します。参加対象は小学生・中学生・高校生とし、小学生・中学生5分以内、高校生6分以内の任意の曲とします。また、小学生コース、中学生コース、高校生コースに分けて審査を行います。


(2) 審査方法は、予選審査をCD-Rによる、音源のみでの審査を行い、本選会出場者を選出します。




1) 予選審査は、氏名・学校名を伏せ、エントリーナンバーのみを審査員に知らせて審査を行います。審査基準は100点満点の評価を持って行い、本選会出場者を選出します。また、参加者の今後の活動意欲のためにも、積極的に講評および感想を記すこととし、予選審査の結果発表は郵送及び、ホームページにより発表します。


2) 本選会については、予選通過者を対象に審査を行い、あらかじめこちらが出演順番を決定し、その順番に沿って公開審査にて行います。各部門各コースの上位3名に金賞・銀賞・銅賞が贈られます。また、すべての部門のうち、運営委員長により最も優れた出演者を各コース1名選出し、「文部科学大臣賞」が贈られます。(過去実績)その他、予選同様各出演者に今後の活動意欲のためにも、積極的な講評及び感想を記すこととし、結果発表は当日表彰式により発表及びホームページにより行います。

最新情報

事業概要